独学で完全オリジナルサイトをWordPressで作る労力の目安

サムネイル

こんにちは、ハットリです。

今まで無料のブログでの情報発信をおすすめしてきた私ですが、
もちろんそれには理由がありました。

一番大きな理由として、
自作のオリジナルサイトを作ろうとすると、勉強コストが非常に高いということです。

たしかに自作サイトを作成する需要はいまだにありますし、無料サイト作成サービスの限界はあります。

やはりサイト作成業者に頼むと費用が高くつきますし、デザインが完全に希望通りになるとは限りません。
また、自分で作成したものを使っていたほうが操作性やアレンジで融通が効くというメリットもあります。

そこで、実際に独学で完全オリジナルサイトを作るまでの道のりを、
私の実体験をもとに紹介しようと思います。

以下が、私の大まかな流れです。

・面白そうで興味があったので、完全自作でサイトを作ってみようと決意

・日本では「WordPress」というサービスが一番使われていると知る

・早速登録してサイトを作成しようとしてみるものの、管理画面に書いてある言葉がほとんど理解できず、挫折

・インターネットの構造や、サイト制作に関する基礎知識をつける必要があると考え、情報収集

・HTMLとCSSという言語を使うと、基本的なサイトは作ることができると知り、勉強を開始

・「Progate」と「ドットインストール」というオンライン学習サービスでHTMLとCSSを勉強

・簡易的なサイトを作成できるまでになったが、どうやってWordPressに連動させたらいいのかわからず、ひたすら検索

・URLの部分のドメインの取得、サイトを置いているサーバーのレンタルが必要だと知り、有料で取得、登録

・WordPressに自作のサイトを反映させるには、WordPress用のPHPという言語の知識が必要だと知り、勉強

・つたないクオリティでサイトが完成するも、理想には程遠かったので、さらに勉強

・及第点のサイトが完成し、現在も勉強中

これを参考に、挑戦するのか、やめておくのか、一つの判断材料にしていただけたら幸いです。

目次

まずは情報収集

情報収集していて最初に当たったものが「WordPress」というものでした。

日本で一番使われているサービスで、もともとはブログ運営を目的としたツールです。

個人のブログサイトから、企業の大規模なサイトまで制作することができるという拡張性がある反面、
その機能を使いこなすのは相当難しいとされています。

無料のテンプレートのデザインを利用してサイトを作成することもできますが、
ある程度ネットやプログラミング言語に対して知識がないと、書いてあることがわからず、
欲しい機能を持ったサイトにすることだけでも多くの勉強が必要になります。

まずはサイトの表示を司るHTMLという言語と、
レイアウトやデザインの機能を持つCSSという言語を勉強する流れになります。

それと同時に、インターネットの仕組みがどうなっているのか、
といったネットの基礎知識を合わせて勉強していくことで、より理解が深まっていくことになります。

必要なスキルを習得、デモサイト作成

デモサイトを作成するにあたって、HTMLとCSSという言語の習得が最低限必要です。

あくまで最低限なので、かっこいい動画演出があったり、
特殊な仕掛けをするようなリッチコンテンツを作成する場合は、
JavaScriptといったような別の言語の習得も必要になります。

勉強をする際には月額1000円前後で利用できるオンライン学習サービス
「Progate」や「ドットインストール」がおすすめです。

Progateは実際にコードを書きながら勉強できる仕組みになっていて、実践的です。
ドットインストールは短い動画で勉強するタイプなので、スキマ時間の学習に最適です。

ネットでその都度記事を検索しながら学習することも可能ですが、
学習サービスは初心者が全体像を掴むまでの最短距離を提案してくれます。
時間効率を考えると、有料でもオンライン学習サービスを利用するのが最善かと思われます。

ドメインの取得、サーバーのレンタル

デモサイトが完成したら、次はドメインの取得と、サーバーのレンタルです。

ドメインとは〇〇.comのような、いわゆるホームページに飛ぶためのURLです。
インターネット上の住所と思っていただければ、簡単な理解としては十分かと思います。

サーバーは、作成したサイトのデータを保管したり、
読み込んだデータを目の前のパソコンに送信して提供してくれるコンピューターのことです。

大企業はこのサーバー用のコンピューターを社内に置いている場合もありますが、
基本的にはレンタルして機能をつかわせてもらいます。

ドメインの取得には「お名前.com」「さくらのドメイン」といったサービスがあったり、
サーバーのレンタル業者には「エックスサーバー」「ロリポップ」などといったサービスがあります。

一般的な手順の一つとして紹介すると、
まず利用しているサーバーの管理画面で取得したドメインを紐付けする、という設定を済ませます。

次にサーバーの設定画面で、WordPressをダウンロードして連動する設定があるかと思います。

これで自身のサイトを所有するところまで来ました。

WordPress用にコード変換

最後にWordPressの環境に適用するために、コードを変換しなければなりません。

WordPressはPHPという言語を元に作られていますが、
単純なPHPではなく、WordPress用に開発された特殊なPHPを使う必要があります。

この変換の作業で、投稿したブログが自動で同じレイアウトで更新されるようになったり、
過去のアーカイブを簡単に検索できる機能を付けるといったことができるようになります。

感覚的に理解するのが難しく、本腰を入れて勉強するレベルの難易度になりますので、
ここが正念場です。

そうしてWordPress用にコードを変換したら、自作サイトの完成です。

勉強コストとメリット

仕事から帰宅して就寝までの間に、週に何時間か勉強するペースで勉強して、
この最後の段階が完了したのが半年ほどでした。

一般的に見られるようなサイトのデザインも含めて制作できるようになってきたのが、
約1年ほどです。

実は、数年前まではこのWordPress用のサイトを作成するスキルがそのまま仕事に繋がっていたのですが、
最近では減少傾向にあり、単純に自作のサイトを自由に作れるというメリットだけがあるような状態です。

情報発信をする目的ということであれば、1年あれば別の経験やスキルの習得に時間を使えますので、
わざわざWordPressでサイトを作成するスキルを習得する必要もないように思われます。

また、プログラミングを学習するのが目的なのであれば、
JavaScriptやPython、Goといったようなトレンドの言語を習得しないと仕事に繋がりにくいという現状があります。

これらの理由により、2021年現在では無料のブログやSNSを利用した情報発信が一番コストパフォーマンスに優れているのではないかという見解です。

最後に

独学で完全オリジナルサイトをWordPressで作成するまでのイメージが湧きましたでしょうか。

非推奨という立場を取ってはいますが、
私としてはこれらの経験が非常に楽しい経験となりましたので、
合理性や効率を排除して楽しめる方には自信を持っておすすめできます。

WordPress自体は楽しいです。

今後も様々な視点から情報をお届けしたいと思います。

以上、ハットリがお届けしました。@hattori_shinobi

2021年はリモートでチーム副業するのが注目されている | shinobi
孤独を推奨されてきた副業。しかし、テクノロジーの発展によりチーム副業の可能性が見えてきた。