occult

都市伝説報告書

【都市伝説其の一】ちょっとまて!

ある日の真夜中、二人の大学生が郊外の廃墟に肝試しに出かけた。

そこは地元でも有名な心霊スポットで、伸び放題の雑草の中にひっそりと小さな民家が一軒残されている。
あとで他の友人達に証拠として見せようと、一人はビデオカメラで撮影を始めた。
かつて庭だった場所、玄関にかけられた表札、それから問題の廃墟を映す。
夜の廃墟という独特の雰囲気に気圧されたものの、ここまできて引き下がるわけにはいかない。
互いに恐怖を誤魔化すようにふざけあって中に入っていった。

「おじゃましまーす」

黴臭い空気が淀んでいたけれど、中は殆ど何もない状態だった。
「結構キレイですね」
「やっぱり幽霊なんて噂だけだな」
腐った床に落ちないように気を付けながら、順番に部屋を回る。
小さな家だったので探索はスグに終わった。
霊感が全くない二人だったとは言え、何も無さすぎた事に拍子抜けする。
入った時より余裕がある表情で「おじゃましましたー」と誰に言うでもなく言うと廃墟を後にした。


帰宅して友人を家に集めると、早速ビデオをセットする。
どこか半信半疑だった友人達も、暗い映像が流れ始めると色めき立った。
口々に称賛するのを「いいから見てろよ」と照れ混じりに制して、廃墟が映され続けるテレビを指し示す。
四角く切り取られた映像は中に入って行く場面だった。

「おじゃましまーす」

「いらっしゃい」

盛り上がっていた室内が一気に冷やされた。
「……お前ら以外に誰か一緒だったのか?」
廃墟に行った二人を振り返るが、画面を凝視したまま何も答えない。
もう一人が悪ふざけをした可能性は限りなく0だろう。
TVが吐き出したのは女の声だった。
映像は進む。

「結構キレイですね」
「ありがとう御座います」

「やっぱり幽霊なんて噂だけだよ」
「そんなことないですよ」

家主との会話ならば、全く違和感は無い。
けれど、ここは廃墟で、あの時はこんな声しなかった。
家をグルリと回り、再び玄関が映し出される。
得体の知れない恐怖から解放されたくて、誰も何も言わずにTVを見つめていた。
錆付いた音と共に引き戸が開かれ、前を歩いていた青年が笑いながら振り向く。

「おじゃましましたー」

「ちょっとまて!」

今までの静かな声とは打って変わった低い怒声。
と、その瞬間、部屋の電話がけたたましく鳴り響いた。

「…もしもし?」
「あ、××と申しますが…どうして帰ってしまったんですか?」

電話をとった青年は思い出してしまっていた。
玄関にかけられていた表札の名前を。

> TOPへ戻る